京都でへバーデン結節にお悩みなら当治療院へ

完全予約制新規一日2名まで | 受付:8時~20時

「HPを見て…」とお電話ください

075-811-9808

24時間予約受付中です

K.Tさん・自営業・40歳代

指の痛みが改善されました!

手作業の仕事で指の痛みがあり困っていました。以前は体の背中側が痛みだらけでしたが、今では痛みもありません。何より悩んでいた指の痛みはたまにぶつけて思い出すほど普段は忘れています。

これからは予防をしながら自分のことを大切にしていきます。


※患者さまの声はコラムにたくさん掲載しています。

こんなお悩みはありませんか?

もしあなたが

  • 指の関節が腫れて痛い
  • 力が入らずペットボトルが開けられない
  • 指が痛くて布巾が絞れない
  • 手がこわばってお箸が使いにくい
  • 指の第1関節に水ぶくれができている
  • 病院でヘバーデン結節と診断された
  • 最近だんだん指が変形してきているみたい
  • 病院で様子をみてくださいと言われただけで何もしてくれない
  • できるなら手術はしたくない 

といったことでお困りなら、

京都で20万人以上の臨床実績を誇る当院がお役に立てます。

あなたと同じような悩みを抱えていた患者さんも今ではヘバーデン結節を克服し、やりたいことに存分にエネルギーを注げるようになっておられるからです。

次はあなたの番です。

院長プロフィール

院長プロフィール

村上太志。1969年京都市生まれ。柔道整復師。学生時代にサッカーで膝の痛みに苦しんだ経験から、痛みに苦しむ人をサポートしたいとの想いで、2001年地元京都に開院。2012年に自身が脳出血で倒れたのを機に、西洋医学、東洋医学を問わず、様々な療法や養生法などを幅広く学び、独自の理論と検査法、治療法を確立する。東西両面からのアプローチで、改善率が飛躍的に上昇、口コミが殺到し、業界最大手の口コミサイトで評価1位を獲得。遠方からも来院される人気の治療院である。

ヘバーデン結節の
基礎知識

ヘバーデン結節とは?

ヘバーデン結節とは、指の第1関節が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。第1関節を挟んで2つのコブ(結節)ができ、多数の指に生じるのが特徴です。この疾患の報告者、へバーデンの名にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。

症状としては、第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。動きも悪くなり激痛を伴うこともあります。また、第1関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができることがあります。

40歳代以降の女性に多く発生し、手をよく使う人になりやすいといわれています。 

ヘバーデン結節は、一度発症すると日常生活動作にも支障をきたすことが多く、進行性で、また長期化もしやすいため、疑わしい症状がある時にはできるだけ早めに受診し、早期に治療することが大切です。

もし、あなたがヘバーデン結節でお悩みだったり、第1関節の痛みや変形でお困りでしたら、是非こちらのサイトを読み進めてください。当院がヘバーデン結節をどのように考え、さらにどのように治療していくかを解説していきます。

ヘバーデン結節で病院に行っても・・・

現代の西洋医学ではヘバーデン結節は原因不明と言われています。ですので、明確な治療法はなく、病院に行ったとしてもできることと言えば対症療法のみになります。それらはテーピングや湿布、鎮痛剤や塗り薬の処方、ステロイド注射です。

それだけでも対処してもらえればまだましなほうで、ほとんどは「歳だからもう治らないですよ」とか、「もっと悪くなったらまた来てください」などと言われ、途方に暮れる方々や諦めてしまっている患者さんを当院では多く診てきました。

最終的にひどくなって病院に行くと『手術』するよう言われますが、その方法には関節固定術関節形成術という2種類の手術があります。

関節固定術は、関節を固定して動かせないようにする手術で、「使わなかったら痛くないでしょ」というもの(本末転倒ですよね)。関節形成術は、変形した骨を削る手術ですが、形は整うものの原因を取り除いているわけではないので痛みが良くなるわけではありません。

それらはいずれも治す手術ではない、ということです。

病院で言われる3つのこととは?

へバーデン結節で病院に行くと言われることが3つあります。

それは、『加齢』・『使いすぎ』・『女性ホルモンの減少』の3つです。へバーデン結節で当院に来られた患者さんにお聞きすると、大概この3つの原因を医師から告げられます。

しかし、これらの3つはへバーデン結節になる原因ではありません。(最初に現代医学では原因不明だと言いましたよね)

まず『加齢』ですが、すべての人が歳をとります。でも皆がヘバーデン結節になるわけではありません。当院に来られたヘバーデン結節の患者さんの最年少は28歳でした(これって加齢ですか?)。32歳で全部の指、第1関節も第2関節もボコボコに変形して手が握れない方がいらっしゃいました(これって加齢ですか?)。

次に『使い過ぎ』。指は皆使いますよね?使わない人っていますか?主婦は普通によく使われています。また、特によく使う職業の方います。ピアニストやギタリストなど音楽されている方はよく使われます。では、音楽家の方たちは皆へバーデン結節になっていますか?

最後に『女性ホルモンの減少』。これが一番もっともらしいですよね。

でも、当院には男性のへバーデン結節の患者さんも全体の2割くらいいらっしゃいます。へバーデン結節は女性特有の症状のように言われていますが、実は女性ばかりではないのです。私は長年へバーデン結節を診てきていますが、男性の患者さんは受診されないだけで実はもっといらっしゃると考えています。当院に来られる男性の患者さんも中年以降の方が多いですが、男性は引退されるとあまり手先の細かいことをされない方が多いため、多少痛かっても我慢されている場合が多いのではないかと推察できます。

それともう一つ、女性が受診される大きな理由があります。それは美容上の問題です。へバーデン結節は指先の変形が起こる疾患なので、「こんな指を人に見せたくない」「これ以上変形するのは我慢できない」といって痛みがなくても来院される女性の患者さんが多くいらっしゃいます。しかし、男性は美容上の問題はそれほど気にされず、変形していても痛くなければほったらかしになっているケースが多いと考えられます。多くの男性の方はヘバーデン結節になっていても受診されないので、女性の患者さんの比率が高くなり女性特有の症状のように扱われてしまっているのです。

以上の理由から、『加齢』・『使いすぎ』・『女性ホルモンの減少』の3つはへバーデン結節になる原因ではないのです。

へバーデン結節になる本当の原因とは?

何度も言いますが、現代の西洋医学ではヘバーデン結節は原因不明だと言われています。ですので、現代の西洋医学では治療法がないのが現実です。

しかし、東洋医学では症状に対して対処するのではなく、その人の全身状態を診て症状を改善していくので治療法は複数あります。

私は治療の道に入って26年、数々のヘバーデン結節を診てきていますが、ヘバーデン結節になる人には3つの特徴があり、そのうちのいずれかもしくは複数の要因があります。

一つ目は血流が悪く、末端の組織に栄養が行きにくくなっている場合、二つ目は胸腺や腋窩のリンパ液の滞り、三つ目は末端の酸素供給が不足している場合です。

体には神経・血管・リンパが張り巡らされています。血液は酸素と栄養分を指先まで送り届けて新陳代謝を図っています。さらにリンパは指先を使ったときに溜まる老廃物を回収します。しかし、姿勢が悪くなったり体がゆがんだりするとうまく指先のほうに血液やリンパが流れなくなります。

どんどん老廃物が溜まり、新陳代謝が起こらないことで指先の関節に炎症が起こるようになります。

さらに指先の酸素供給が不足するのは、長時間のデスクワークや手元の細かい作業など現代人は姿勢が悪くなりがちで、胸骨や肋骨が固く動かなくなるため呼吸が浅くなってしまい、末端まで酸素が行き渡らないからです。さらに、ここ数年間のマスク生活も大きな影響を与えています。長時間マスクをしていることで酸素摂取量が通常よりも30%減になるそうです。新しいウイルスが流行りだしてから当院に来られるへバーデン結節の方が激増しているのも無関係ではないでしょう。そもそも指先に送り届ける酸素が体に足りないのです。

以上の要因を総合して考えると、ヘバーデン結節には、実は、「姿勢と体のゆがみ」が大きく関係しているのです。

へバーデン結節は進行性です

全部の指の第1関節が変形して行き場を失うと、今度は第2関節に症状が出てきます。第2関節はブシャール結節といいますが、名前が違うだけで症状としては同じです。

第1関節は最悪変形しても何とか使う事が出来ます。しかし、第2関節が変形して屈曲伸展の動作ができないと箸が持てない、字が書けない、ビンのふたが開けられない、など生活に支障が出てきます。

第2関節が全部変形すると今度は第3関節も、手首も、肘まで痛いという方もいらっしゃいます。そうやって症状は広がって、そして進んでいきます。一般的には数年のうちに変形が終わり、変形しきってしまえば痛みはなくなると言われたりしますが、実際には十数年も痛みが続いている患者さんも多くいらっしゃいます。

先ほど言ったように、へバーデン結節は体質の問題なので生活習慣の改善も不可欠です。今までと同じ生活をしていると、その延長線上でしかないので確実に進行していきます。どこかでそのベクトルを良い方向に変えないといけないのです。

このサイトがそのきっかけになれれば幸いです。

改善へのポイントは姿勢を意識すること

病院では軽度の場合、ステロイド注射や投薬治療で痛みを軽減する処置がなされますが、それはあくまでも軽減措置をとっているだけで、根本的な改善につながるわけではありません。

また、実際には症状もほとんど変わらない方が多く、病院を受診された方のほとんどが改善を諦めてしまっています。

ステロイド注射や投薬治療で痛みがましになったとしても、体の機能としては改善したわけではないので、また別の箇所が腫れたり、結節ができたりして再発することも少なくありません。

ヘバーデン結節は「姿勢と体のゆがみ」が関係しているので、その原因となっている腕全体のねじれ、そして体全体のゆがみを改善し、姿勢をよくすることが何より大切なのです。

その点で、整体治療は腕全体の構造を整えて体全体の機能を正常に回復させる効果が高く、ヘバーデン結節はもちろん、姿勢やバランスも良くなり、再発を防ぐ効果もあります。

当院の整体治療はヘバーデン結節の改善に効果的です

先にも述べましたが、ヘバーデン結節は肩甲骨、肩、肘、手首などの関節に悪い癖がつくことによって上腕や前腕が硬くなり、手首が引っ張られて血流やリンパの流れが悪くなったり酸欠状態になることによって指の関節に炎症が起こります。

骨格や筋肉を整えるのは整体治療において得意分野です。肩甲骨、肩、肘、手首のねじれやゆがみを矯正し、全身の筋肉を緩め、安定した姿勢へと導きます。

さらに、当院の行うヘバーデン結節の治療は、そもそもの原因である腕のねじれを矯正し、再発しないための姿勢指導から、腕を機能的に動かせるようになるためのストレッチ指導、指先までリンパが流れる体操の指導、食習慣のアドバイスなど多角的・総合的に行っていくので、整体との相乗効果も高く、ヘバーデン結節にとって理想的なアプローチが可能な治療法なのです。

あなたはこれまでいろんな整体院や接骨院に行かれたかもしれません。でも良くならなかったので今このサイトを見てくださっているのだと思います。なぜどこに行っても良くならないのかというと、多くの治療院で行われているテーピング療法や電気療法やマッサージ療法は指に対して治療が行われていますが、もともと指には何の問題もないからなのです。へバーデン結節は今までの生活習慣における体質の問題なので、当院ではほとんど指を触ることはありません。でも皆さん良くなっていかれます。

病院では、多くのヘバーデン結節が経過観察になってしまうため、根本的な改善は見込めず諦めて放ったらかしになってしまうケースが多いのですが、軽度であれば根本改善は十分可能ですし、重度の場合でも痛みの改善・軽減は可能性があるので、希望を持って当院の治療を選択の一つに入れていただければと思います。

そしてこれまで数多くのヘバーデン結節の患者さんと向き合ってきた当院に今すぐご相談ください。

喜びの声をいただいています

F.Hさん・看護師・50歳代

仕事に復帰することができ感謝しています。

病院では治療法もなく、どうしたらよいかと思い悩んでいました。むらかみ先生の丁寧な説明と毎回の施術を楽しみに身体も心も前向きになり、指の状態もとても良くなりました。

今では仕事に復帰することができ、とても感謝しています。


※患者さまの声はコラムにたくさん掲載しています。

ヘバーデン結節の
セルフケア

陰陽リンパ体操

東洋医学には相対する物事を2つに分ける『陰陽論』というものがあり、右手は陰、左手は陽、縦が陰、横が陽に分類されます。

体にはそれぞれ陰陽の特性があり、右は縦に、左は横に動かすと腋窩リンパが流れやすくなります。


①右肘を曲げた状態で、右肩を上に挙げます。

右肘を正面に向けるようにしてしっかりと脇を縦に動かします。上まで挙げたところで拳をしっかりと握ります。



②次に右肩を下げ、右肘を後ろに引きます。

右肘をいっぱいまで引いたところで再度拳を握ります。


①②の動きを20回します。



③左手を曲げた状態で肘が正面に向くまで脇を横に動かします。

左肘が正面に来たところで拳を握ります。




④次に脇を横に動かし、左肘を後ろに引きます。

左肘をいっぱいまで引いたところで再度拳を握ります。


③④の動きを20回します。


この動きをそれぞれ20回ずつします。

※拳を握るのは筋肉ポンプを使ってリンパ液を流すためです。

へバーデン結節にとって大変有効な体操となります。ぜひ毎日続けてみてください。

深呼吸をする

へバーデン結節は酸素不足が原因の一つだとお伝えしました。

現代人は長時間のデスクワークや手元の細かい作業などで姿勢が悪くなり、胸郭が固くなって動かなくなるため呼吸が浅くなってしまっています。

充分に酸素を取り込むためには意識的に深呼吸をすることが必要です。普段から繰り返し深呼吸をしていると、胸椎・肋骨および胸骨からなる『胸郭』が勝手に動いて酸素をしっかり取り込んでくれるようになります。




1.まずは息を全部吐ききってみましょう。

2.手を広げて胸を張りながら、鼻からゆっくり7秒かけて息を吸います。

3.息が肺に入ってくること、胸が広がってくることを感じます。

4.吸い終わった時、2秒くらい待ちます。

5.10秒くらいかけて口からゆっくり吐きましょう。

6.息が出ていくこと、胸がしぼんでいくことを感じます。


以上を朝晩2回、できれば日中にも気がついた時にやってみてください。

へバーデン結節にとって呼吸は大変重要です。深呼吸だけでも改善される方もいらっしゃいますので、ぜひ毎日続けてみてください。

しっかりと湯船に浸かる



入浴というのは体を洗うことだと思っている人が多くいらっしゃいますが、体の洗浄はあくまで目的の一つです。あまり重要なことではありません。

入浴の重要な目的というのは、体を温めて体温を上昇させ、末梢の血液・リンパ系の循環を良くすることです。

へバーデン結節は血液とリンパの流れが悪いことが大きな要因だと申し上げましたが、実際、へバーデン結節の患者さんにお聞きすると、『夏でも冬でもシャワーだけ』という方が多いです。

お風呂は、熱いお湯で顎まで湯船に浸かってしっかりと温まることが大切です。

シャワーだけはでなく、毎日湯船に入りましょう。

京都で当院が選ばれる
5つの理由

理由1改善率98%以上、リピート率96.6%だから

当院では施術を10回受けていただいた後に再検査を行っておりますが、再検査までの施術を受けていただいた方の98%以上が効果を実感されています。

また、2回目のリピート率が96.6%、再検査後のカウンセリングまでのリピート率が91.0%と、来院された皆さまから高い信頼を得ております。

理由2独自に編み出した検査法によって、原因が明確になるから

治療が最短で、且つ最善な結果をもたらすためにはその8割が検査で決まると言われています。

当院では原因をしっかりと見極めるため、検査を特に重要視しています。主観に頼らない客観的な検査を行うことで、痛みの原因を明確に特定し、それぞれの原因に応じた施術を行っていくことにより、早期の改善が見込めます。

理由3計画的に治療を進めていくので、先が見通せて安心だから

当院では初回の検査を基に治療計画書を作成します。詳細な検査結果と22年間20万人という膨大なデータから導き出された計画に従って治療を進めていくため、先が見通せて安心して治療に取り組むことができます。

効率よく施術を行うことによって、最短で症状をとり除き、あなたにとっての理想の身体を実現します。

理由4血液データを基に、栄養面から適切な指導が受けられるから

当院は免疫予防医学の専門クリニックで、ガンや自己免疫疾患などの難病患者を数多く改善させ、数々の実績を上げられている埼玉県さいたま市浦和区の野口基礎医療クリニック、野口勇人医師が主催する免疫医学研究会の会員として、血液データを基にした栄養指導を学んでおり、野口メソッドを提供できる院として、推薦をいただいております。

理由5業界最大手の口コミサイトで評価No.1だから

当院は、おかげさまで多くの口コミや喜びのお声をいただいております。

全国の治療院、約22万件が登録する業界最大手口コミサイト「エキテン」で地域No.1、全国でも上位0.2%に入る評価をいただき、現在では北海道をはじめとして、福井、香川、愛媛、岡山など、全国各地からご来院いただいております。

24時間予約受付中です

当サイト限定 特別なご提案

通常初回料金

9900

初検料

割引

7700

末まで 初診1日2名 先着10名限定

おかげさまで当院は毎日たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、あなたのお悩みが改善可能かどうか、まずは検査をしてからでないと判断ができません。当サイトをしっかり読み込んでいただいた方であれば、当院の「初回は施術を行わず、検査やカウンセリングをしっかりと行う」という方針の意味を理解いただけ、何度も説明する労力が省けます。そこで、 当サイトをしっかり読んでいただき、ご予約時に「初検料割引でお願いします」とお伝えいただいた方に限り、通常9,900円いただいている初検料を7,700円にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは一日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。

tel.075-811-9808

電話予約はこちら

受付時間 8時~20時

 

メール予約はこちら

受付時間 24時間無休

@murakamiseikotsuin

LINE予約はこちら

受付時間 24時間無休

施術の流れ

初回

問診表の記入

現在の身体の状態と生活習慣や日常生活動作などについて記入いただきます。大切な情報ですので、できるだけ詳しくご記入ください。

バイタルチェック

生命兆候を把握するため、体温・血圧・脈拍など基本的なバイタルチェックを行います。こちらに問題のあった場合は専門の医療機関にご紹介するなど適切に対応いたします。

カウンセリング

問診表と姿勢習慣チェックシートを基に詳しくお話を聞かせていただきます。どんな些細なことでも結構ですので、気になることはなんでもお話しください。

症状の原因と治療方針の説明

症状の原因と当院の治療方針について、資料を使って詳しく説明させていただきます。

姿勢の写真撮影

最新の姿勢分析システムを用い、身体のゆがみをミリ単位で計測します。100点満点中〇点、ABCDの4段階で姿勢を評価します。

各種検査

当院ではあなたの『現在地』を把握するため、検査を特に重視しています。

バランス検査、握力検査、立ち上がり検査、可動域検査、圧痛検査、整形外科的検査などを行います。その他、お悩み内容によって必要な検査を行います。

 

健康目標の共有

当院では痛みをとるだけではなく、やりたいことを思い切ってできる身体作りを目指しています。

あなたが成し遂げたいと思っている健康目標を設定し、その健康目標達成のためのサポートをしていきます。

お会計・次回のご予約

初回で行った検査結果を、過去22年20万人のデータと照合して分析するため、治療計画書の作成に2日間をいただいております。

2日後以降から身体が元に戻ってしまわない1週間以内を目安に次回のご予約をいただいております。

2回目

検査結果説明

姿勢測定と各種検査の結果を、資料を使って詳しく説明します。

『現在地』を把握するところから、治療が開始となります。

治療計画のご提案

検査結果を基に作成した治療計画を提示させていただきます。

安心して通っていただくために、頻度、期間、金額を明示いたしております。

施術

治療計画書にご同意いただけましたら、はじめて本格的な施術を行ないます。

できるだけあなたのお身体に負担をかけないように最小限の刺激量で、最大限効果が出せるように施術を行っていきます。

お会計・次回以降のご予約

お会計にはそのたび払っていただく都度払いと、計画書の全額をまとめて払っていただくまとめ払いがあります。まとめ払いにはお得な特典があり、都度払いに比べて安くなりますのでぜひご検討ください。

また、2ヶ月先までまとめてご予約いただけるサービスを行っておりますので、2回目の際には必ずスケジュール帳をお持ちください。

よくいただくご質問

お身体の状態によってある程度痛みを伴う場合もございますが、基本的にはお身体に負担のかからない範囲で行っていきます。苦手な場合は相談の上、適切に対応していきますので、ご安心ください。
院の前に1台分の駐車スペースがございます。1台しか停められませんので、他の患者さまと重ならないよう、お車でお越しの際は事前にお申し出ください。
基本的にはそのままで大丈夫ですが、スカートや関節が動きにくい服装の場合はこちらがご用意しているスウェットにお着替えいただくことがあります。
当院はキッズスペースがあり、おもちゃや絵本などをご用意してお待ちしております。また、女性スタッフによる託児サービスも行っておりますので、ご利用の際は、事前にお申し出ください。
まとめ払い、または回数券にはクレジットカード(VISA/Master Card)を使用することができます。都度払いは現金のみとなります。
当院では、準備をしっかりと整えてあなたをお迎えするために、当日の予約は受け付けておりません。できるだけ前もって、お電話かお問い合わせフォームにてご連絡いただけますよう、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

アクセス

■住所
京都市中京区壬生坊城町33-4
(四条大宮駅から徒歩5分)

■電話番号
075-811-9808
完全予約制、新規は一日2名まで

■受付時間
8時~20時

当院までのアクセス

阪急大宮駅1番出口を出て、交番に向かって四条通りを西(西院方面)へ向かいます。一つ目の信号(壬生川通り)を越え、さらにまっすぐ。
左手にスーパーのライフさんがあり、さらにまっすぐ。
二つ目の信号(坊城通り)左手に梛ノ宮神社、右手に金光教の教会があり、そこを右に曲がります。
まっすぐ進むと左手にアルファさんという酒屋さんがあり、さらにまっすぐ。
左手に錦坊城公園があり、それを越えて右手に当院があります。
当院に到着。
24時間予約受付中です

当サイト限定 特別なご提案

通常初回料金

9900

初検料

割引

7700

末まで 初診1日2名 先着10名限定

おかげさまで当院は毎日たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、あなたのお悩みが改善可能かどうか、まずは検査をしてからでないと判断ができません。当サイトをしっかり読み込んでいただいた方であれば、当院の「初回は施術を行わず、検査やカウンセリングをしっかりと行う」という方針の意味を理解いただけ、何度も説明する労力が省けます。そこで、 当サイトをしっかり読んでいただき、ご予約時に「初検料割引でお願いします」とお伝えいただいた方に限り、通常9,900円いただいている初検料を7,700円にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは一日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。

tel.075-811-9808

電話予約はこちら

受付時間 8時~20時

 

メール予約はこちら

受付時間 24時間無休

@murakamiseikotsuin

LINE予約はこちら

受付時間 24時間無休

追伸

「あなたらしく人生を楽しみ、そしてご家族も笑顔であるために」

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

私は子どものころから病気一つしたことがないくらい身体が丈夫で健康でしたが、43歳のとき、脳出血で倒れ、お医者さんに「今晩がヤマです」と宣告されました。まだ息子が8歳、娘が6歳でした。

そのときにはじめて、自分のためだけではなく、家族のために健康でいることが何よりも大切だと気がつきました。それ以来、治療家としてだけではなく、一個人として、健康になるための様々な療法や養生法を学んできました。おかげさまで現在、私自身、そして家族も健康で毎日を楽しく過ごしています。

当院の理念は、「症状をとることだけではなく、あなたがやりたいことが思い切ってできる健康な身体であること、そして、ご家族の皆さまも健康であること」です。

この出来事をきっかけに、この2つの理念を達成することが治療家としての私の使命になりました。

あなたは現在、ヘバーデン結節の症状でお悩みで、健康とはいえないかもしれません。そして、あなたのご家族はそれをとても心配なさっていることでしょう。

でも、安心してください。

ヘバーデン結節の専門家でもある私は、あなたがヘバーデン結節になった原因をよく理解していますし、そして、当院にはあなたが健康を取り戻すためのプログラムがあります。

このサイトを見ていただいた今、あなたのヘバーデン結節の症状がなくなり、あなたらしさを取り戻すとき、そして、あなたのご家族が笑顔を取り戻すとき、そのきっかけになれればうれしく思います。

当院に少しでもご興味がありましたら、ぜひご相談ください。
あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。

むらかみ整骨院・院長 村上太志
24時間予約受付中です

当サイト限定 特別なご提案

通常初回料金

9900

初検料

割引

7700

末まで 初診1日2名 先着10名限定

おかげさまで当院は毎日たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、あなたのお悩みが改善可能かどうか、まずは検査をしてからでないと判断ができません。当サイトをしっかり読み込んでいただいた方であれば、当院の「初回は施術を行わず、検査やカウンセリングをしっかりと行う」という方針の意味を理解いただけ、何度も説明する労力が省けます。そこで、 当サイトをしっかり読んでいただき、ご予約時に「初検料割引でお願いします」とお伝えいただいた方に限り、通常9,900円いただいている初検料を7,700円にいたします。

ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは一日2名までとさせていただいております。あらかじめご了承ください。

tel.075-811-9808

電話予約はこちら

受付時間 8時~20時

 

メール予約はこちら

受付時間 24時間無休

@murakamiseikotsuin

LINE予約はこちら

受付時間 24時間無休

更新日: